読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某会社員が思ったことをつらつらと

本、映画、英語、ウイスキー、健康、料理、将来の夢、心の声などなどいろんな事を発信します。

小話

星野源の抜け目なさ

遅ればせながら、星野源の恋を聞いているShuです。おはようございます。 ドラマを観ていなかったことと、彼の他の曲を聴かないのですが、歌詞が素晴らしい。どんなドラマだったのかが気になります。 恋せずにいられないな 似た顔も 虚構にも 愛が生まれるの…

枕元にメモ帳を、冴えない頭にアイデアを。

社長に好かれており、よく飲みにいくのですが、退職届を出してからも誘われ続けていることにびっくりなShuです。おはようございます。 ありがたいお言葉を言いたがる社長の話を聞くのは正直ひと苦労です。 ただたまに良い事を言う。まさに数打てば当たる。 …

ぬかぞこからもしもし※エイプリルフールですが実話です

こんばんは。 父の定年退職を祝うために、ウイスキーとケーキを手に帰省したShuです。 私には85歳を超える料理が得意な祖母がいます。ここのところ物忘れがひどいようで何がどこにあるのかを忘れてしまうそうです。今日はおばあちゃんが起こした事件を書きま…

誰かが笑って、私が笑う

電車のサラリーマンの顔やダッシュで電車の席を確保する人達を目にして嫌気がさす。電車は嫌気も楽しさも一緒くたに詰め込んだ鉄である。 おはようございます。Shuです。 はい。昨日あった出来事を書きます。 ①電車での出来事 アメリカ人のトムさんに乗り換…

女王ふざけんな

終電で帰宅したShuです。こんばんは。 大学1年の春、初めてタロットカードで自分のこれからを占った。私の人生はあたりですか?その問いにタロットカードは女王のカードで答えた。補足には色々なものが降り注ぐだろうと書かれているだけ、なんだこんなもんと…

おばあさんからの茶封筒

こんばんは。 会社帰りに電車に揺られているShuです。 今回は小話を1つ。 舞台は私の実家の最寄駅。忘れもしない12月。 高校時代野球部に所属していた私はテスト期間でいつもより早い下校に足を弾ませていた。 エレベーターもエスカレーターもなかった当時…