某会社員が思ったことをつらつらとin ホーチミン

本、映画、英語、ウイスキー、健康、料理、将来の夢、心の声などなどいろんな事を発信します。

誰かが笑って、私が笑う

電車のサラリーマンの顔やダッシュで電車の席を確保する人達を目にして嫌気がさす。電車は嫌気も楽しさも一緒くたに詰め込んだ鉄である。

 

おはようございます。Shuです。

 

はい。昨日あった出来事を書きます。

 

①電車での出来事

アメリカ人のトムさんに乗り換えを聞かれた(この時ばかりは英語が話せてよかったと思う)。その人の下車したいところ、私が下車するところが一致して、10分で着くよと伝え、話し始める。旅行や日本の観光地の話で盛り上がった。お互い下車予定の駅をすぎたことにも気づかず電車は目的地よりずっと進んでいた。パニクる2人に一部始終を目撃した人が、「大丈夫?」と声をかけてくれた。一連の話を説明するとおばさんが笑ってくれた。トムさんも笑い、周りの人みんなが笑っていた。

こんな状況でも心にゆとりがあるって素晴らしい。

 

②赤ちゃん、お母さん、そしてその他の皆さんとの間で

 

用が終わって、帰り道電車でこんな事があった。泣いている赤ちゃん、申し訳なさそうなお母さん。よく見る光景でもあり、何かできないかと前々から考えていたものをやってみた。

 

そう、赤ちゃんに声をかけて、変顔をしてみた。

 

赤ちゃんは泣き止んだものの、一方のお母さん、周りの人は苦笑いだった。

私が渾身の変顔をやめる前に赤ちゃんはまた泣き始めて、お母さん含め周りの人は大爆笑、そして気づいた時には赤ちゃんも笑っていた。

  

ひと笑い起きた後まもなく、最寄駅に到着し、簡単な会釈をして降りたその一歩目で足をくじいた(笑)無事にこの場をやり過ごした安堵感からか、緩んでいた足首に張本さんもびっくりの喝が入った。おそるおそる振り返るとそれを見ていた人が笑ってくれていた。

 

 

 

自己満に過ぎないかもしれない。でも、それで良い。私を見た誰かが笑ってくれたらそれでいい。改めてそんなことを感じた。

 

誰かが笑ってくれた時、気付いたら私も心から笑っているんだから。