某会社員が思ったことをつらつらとin ホーチミン

本、映画、英語、ウイスキー、健康、料理、将来の夢、心の声などなどいろんな事を発信します。

想像してみてください。あなたの大切な人が輸血を必要としていることを。

見た目の割に健康診断の数値が良いShuです。まあ私の見た目は伝わらないか(笑)

 

 父が癌の手術を受け、早6年。再発の懸念がないことはとても嬉しいことです。

つい先日は叔父が癌で亡くなりました。

 

医者でもない自分に何が出来るだろうかと考えた時、1つの答えを見つけました。それは献血です。

 

病気や怪我で血を必要としている人に血が提供されます。病気を身近に感じている分、私は私に出来る形で貢献したいと思っています。

 

想像してみてください。あなたの大切な人が輸血を必要としていることを。

こんなキャッチコピーがありました。例えば、家族、恋人、友人。あなたの大切な人が輸血を必要としていたら、そして自分の血液型と同じだったら、やることは決まりませんか。

 

あなたの血が、想いが誰かの大切な人の助けになります。

是非、お近くの献血センターに。

 

以下の日本赤十字社のWebページから献血について知ることができます。献血する|日本赤十字社

 

あなたの想いを誰かの未来に。