某会社員が思ったことをつらつらと@ホーチミン

本、映画、英語、ウイスキー、健康、料理、将来の夢、心の声などなどいろんな事を発信します。

任せて任せず

今週末はオフィス移転のため、書類や備品の管理、内装スタッフとのやり取りなど気を遣うことが多くありました。事前に知らされていたことと違っていたり、工程が逆になっていたりと問題もありましたが、明日から仕事ができる状態になりとても楽しみです。

 

全ての予定を終えた後リラックスも兼ねて、ベトナム人が経営する店で散髪してきました。散髪後の希望の姿を共有するために写真を見せ、担当者にも納得してもらったうえで散髪がスタートしました。

日中の疲れのせいか途中何度もうとうとしてしまい、散髪が中盤に差し掛かるところで鏡を見ると希望とは程遠い状態に。。。危うく北朝鮮金正恩になるところでした。。。

慌てて止めて説明するも伝わらず、支払いを済ませ、結局そのあとは自分で切りました。

 

この経験から引っ越しも散髪も「任せて任せず」が重要であることに気づきました。

任せた後、任せっきりにすることや進捗を確認していないと、違う策を打つのに手遅れになることもあります。今回は引越しや散髪であったこと、加えて手遅れになる前に手を打てたことが不幸中の幸いでした。

 

 

「任せて任せず」は仕事でも同様です。共通の明確なゴールを持ち、任せっきりにしない、進捗を確認する。この実体験を仕事にも活かしていきます。