某会社員が思ったことをつらつらとin ホーチミン

本、映画、英語、ウイスキー、健康、料理、将来の夢、心の声などなどいろんな事を発信します。

できることにフォーカス

どうも、お久しぶりです。

ホーチミンは変わらず30°前後で暑い日が続いてます。あまり好きではない冬も恋しくなる暑さです。

 

今日は遠隔で業務をしているお客様のところで、問題が発生しました。

提出期限が今週の書類を準備しており、全ての書類を確認し提出できる状態にしたのですが、提携先から書類が足りていないことに気づいたと連絡がありました。

 

その書類は、日本の親会社の社長の署名が必要で、その後原本を日本から郵送する必要があると連絡がありました。開いた口が塞がらない状態でした。親会社の社長は海外に出張中のため、サインすることができず

 

代筆は基本的にはNGであり、こちらから代筆を依頼することはコンプライアンス上問題になります。

 

いつもバタバタしているのに、いつにも増しててんやわんやになりました。ベトナム側でできることをすべて確認してから、日本に電話して、現状を説明して対応策を伝える。成人の日で休みである日本に電話することの申し訳なさとかはベトナム人には想像がつかないのかもしれない。

 

活字で説明すると焦りが伝わりにくいですが、企業が事業をできなくなり、ペナルティを請求されるため、私としては何が何でも避けたいところ。。。

なぜ、2週間前に書類の確認をして、先方から署名をもらうタイミングでそれに気づかなかったのか。イライラが募り、それを思わず提携先にぶつけてしまった。

 

結果として、なんとか間に合わせる方法を思いついたため、対応できたものの、久しぶりに自分はベトナムで仕事をしているのだと実感した。

 

 

この経験から自分の力で変えられるところに目を向けることが重要であると再確認した。

変わらないこと、例えばベトナム人の気質、過去の出来事などそれを踏まえて今の自分が問題を解決するためにできることは何なのか、それを突き詰める方が変えられないことにとらわれるよりはるかに建設的で意味があることだろう。

 

しまったと思う前に教訓として学びに変えていこうと思う。その時の感情と自分を切り離して、冷静に自分のできることにフォーカスしていくことが何よりも次の一歩につながると思う。

パニックになることが多いからこそ、常に心に留めていたい。自戒